2010年08月21日

三菱がまた隠蔽工作を行った



>ホームページが閲覧しにくくなるのは、コンピューターの性能が低いからだとMDISに言われた

三菱って都合の悪いことを平然と隠蔽する体質があると思っていましたが、全然改まっていないようですね。

以前、グループ内の三菱自動車のリコール隠しが発覚したときに、散々叩かれましたが、これも似たような雰囲気を感じます。

下はこの事件を題材にした小説です。

空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)

空飛ぶタイヤ (Jノベル・コレクション)

  • 作者: 池井戸 潤
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2008/08/01
  • メディア: 単行本




この事件、逮捕された男性も問題あると思われているようですが、まとめサイトなどを見ていますと、問題の岡崎市の図書館のソフトウェアが致命的と思われるくらいの低性能だったことが原因といわれています。
参考サイト:岡崎市立中央図書館事件 議論と検証のまとめ


他の会社はどうか分かりませんが、三菱の体質がこのようなことになった一因にあると思っています。
posted by 風来坊や at 21:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160166712

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。