2010年05月05日

言うは易し、行うは難し



>民主党政権は、自民党は14年かけて杭(くい)1本打てなかった、と批判するが、14年かけて辺野古への移設を実現した。
>ところが、今の政権は簡単にわれわれの苦渋の選択をゼロベースに戻してしまった

言うは易し、行うは難しとはよく言ったものです。

野党だったら政府批判をすればそれでよかったのでしょうが、与党ではそんなお気楽なことをしていられませんからね。

今更自民党の案でお願いしますなんて、言えないでしょうからどのような対応をするのでしょうか?

14年もかかった合意よりすばらしい腹案があると聞いていますので、どのような腹案なのか見せてもらいたいです。


鳩山一族 その金脈と血脈 (文春新書)

鳩山一族 その金脈と血脈 (文春新書)

  • 作者: 佐野 眞一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/11/19
  • メディア: 新書


posted by 風来坊や at 20:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。