2010年03月31日

文句を言うなら、作品を書いて欲しい

NHKの朝の連続テレビ小説が、歴代の作品の中でも最低視聴率を記録しました。



このことで、作家の麻生千晶氏が最低の作品だったと述べています。
参考記事:麻生氏も苦言「全部ウソっぽい」朝ドラ最低視聴率のワケ

以下、麻生氏のコメントを引用します。
>全部がうそっぽく、机の上で作ったようなドラマ。
>田舎だって不況で忙しいのに、皆で集まって、明るく、頑張り屋のヒロインを温かく見守るなんてありえない。
>現実を見ずに、ステレオタイプの人間しか描いていない
>都会的なタイプの石黒賢が田舎の“万年青春男”の父親を演じても、うそっぽい。
>徳島をクローズアップするなら、徹底して関西の俳優を起用すべきでした

他にも麻生氏は主役の倉科カナさんを酷評しています。


Beach Angels 倉科カナ in サウス・ストラドブローク島 [DVD]

Beach Angels 倉科カナ in サウス・ストラドブローク島 [DVD]

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: DVD




そこまで酷評するなら、私としては麻生千晶氏にドラマの原作なり脚本なり書いてもらえないかと思いました。

卑しくも作家と名乗る以上、人様の作品をけなすのだから自分の作品は人様に認められるような作品を書いていると思うのが普通です。


美空ひばりは鶴だった

美空ひばりは鶴だった

  • 作者: 麻生 千晶
  • 出版社/メーカー: 産経新聞ニュースサービス
  • 発売日: 2005/06
  • メディア: 単行本




上記の作品が検索したら見つかりましたが、私は正直な話初めて知りました。

麻生千晶氏のことで調べてみたら、実は実在しない方だとかダミーじゃないのかとも言われているようです。

本当に作家を生業とするなら、このような批判が発生すること事態、沽券に関わる問題ではないでしょうか。

このような批判を吹き飛ばす意味でも、麻生千晶氏にドラマの原作なり脚本を依頼して、かような批判を吹き飛ばして欲しいですね。

この記事をご覧になったテレビ局の関係者の方、是非ともご検討いただくようお願いいたします。
ラベル:麻生千晶
posted by 風来坊や at 20:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。