2010年03月28日

甘い扱われ方のような気がします



>日本が明治維新できていなければ日本も中国や朝鮮半島と同じように、欧米列強の植民地や半植民地にされていただろう

これが自民党の政治家の発言だったら、どうなったのかと思ってしまうのって、私だけでしょうか?

絶対に朝日新聞を筆頭に、大臣辞任に追い込むまで叩き続けると思うのです。

与党になったらこの程度の発言で叩かれるの?っていう民主党の政治家がいるそうですが、自民党の政治家に比べたらまだ甘い気がします。

叩くのなら、同じように叩いてもらいたいですね。


朝日新聞の偏向を語る (1975年)

朝日新聞の偏向を語る (1975年)

  • 作者: 村中 嘉二郎
  • 出版社/メーカー: 経営問題研究所出版部
  • 発売日: 1975
  • メディア: −


posted by 風来坊や at 18:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144911341

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。