2010年03月06日

老害の産物か?

私は昔、富士通の関連会社で働いていました。
記事:富士通の関連会社にいたときに買った、携帯電話の思い出

このときに城 繁幸さんの内側から見た富士通「成果主義」の崩壊という本を読みまして、このようなことはあるなあとは思いました。


内側から見た富士通「成果主義」の崩壊 (ペーパーバックス)

内側から見た富士通「成果主義」の崩壊 (ペーパーバックス)

  • 作者: 城 繁幸
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2004/07/23
  • メディア: 単行本




それでも私が会社を辞めたときは、少しはいい感じにはなってはいました。

ところが最近、富士通では社長交代に関してきな臭い話が出ています。

なんと辞めた前の社長が、辞任を取り消す訴えを起こしたというのです。

しかも、秋草取締役相談役から辞任しろと言われたそうです。



この秋草取締役相談役という方、社長在任時に富士通の業績が悪化したのですが、業績悪化したのは社員が働かないのが悪いと言って、世間の批判を浴びました。

しかも社長を退任したときも代表取締役会長に居座り、会長を辞めても取締役相談役にいるのだから、地位にしがみつきたいって感じが見え見えです。

この人の後任の社長は黒川さんといいますが、彼は富士通の社長を辞める際の引き際のよさで評判を上げたのとは、全然違いますね。

このような人物こそ、さっさと退場いただきたいと思ったのは、私だけでしょうか。


docomo F-01B ホワイト

docomo F-01B ホワイト

  • 出版社/メーカー: 富士通株式会社
  • メディア:


posted by 風来坊や at 21:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142924020

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。