2009年12月10日

別件逮捕で証拠固め

千葉大女子学生が殺害され自室が放火された事件で、千葉県警は被害者のキャッシュカードを使って現金を引き出したと認めている男を、別件の強盗致傷容疑で再逮捕しました。
引用記事:千葉大女子学生放火殺人 48歳男を強盗致傷容疑で再逮捕

何故この犯人を匿名扱いするの?という声もありますが、直接被害者を殺したり自室を放火した証拠がないから、容疑者扱いできないだけじゃないでしょうか。

別件逮捕は私は好ましい方法とは思っていませんが、このような酷い殺人の証拠固めはやむをえないのでしょうね。

つい最近、私はこの事件の現場の近くに所用があって現場のマンションを見る機会があったのですが、惨たらしいものでした。

この犯人は、隣の家から被害者の自室に忍び込んだのでしょうね。

できれば本件で正々堂々と捕まえて欲しいものです。


図解 犯罪心理分析マニュアル―通り魔・放火犯から大量殺人・連続殺人犯まで

図解 犯罪心理分析マニュアル―通り魔・放火犯から大量殺人・連続殺人犯まで

  • 作者: 古村 竜也
  • 出版社/メーカー: 同文書院
  • 発売日: 1997/08
  • メディア: 単行本


posted by 風来坊や at 09:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。