2009年11月22日

猟奇殺人

島根の女子大生バラバラ殺人ですが、被害者の手足から爪まで剥がしていたそうです。
参考記事:被害者の「つめ」と断定 島根女子大生遺棄

私はバラバラにした時点で気味悪い事件だと思いましたが、まさか爪まで剥がしていたとは思いませんでした。

このような輩を放置しておくことは、世間を不安に陥れるだけです。

新しい島根県警本部長は、警察の存在意義を懸けた闘いだと檄を飛ばしたそうですが、この事件の犯人は早期に逮捕してもらいたいですね。
参考記事:島根女子大生遺棄「存在意義懸けた闘い」 島根県警本部長が献花


告白―美容師バラバラ殺人事件

告白―美容師バラバラ殺人事件

  • 作者: 城戸 文子
  • 出版社/メーカー: リヨン社
  • 発売日: 1996/12
  • メディア: 単行本


posted by 風来坊や at 19:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。