2009年11月18日

ガンビアで現代の魔女狩り

魔女狩りって中世ヨーロッパであった話と聞いていましたが、まさか現代にこのようなことが起こるとは思いもよりませんでした。


魔女狩り (「知の再発見」)

魔女狩り (「知の再発見」)

  • 作者: ジャン・ミシェル サルマン
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 1991/12
  • メディア: 単行本







発端はガンビアの大統領のおばが死んだのは、魔女のせいだと言ったからだそうです。

呪術師が村人を大量に連行し、監禁・拷問をしたということです。

日本では信じられない話ですが、アフリカではまだ迷信が信じられていそうですね。

このようなことが、日本で起こらないことを願いたいです。
posted by 風来坊や at 12:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。