2009年10月09日

CEATEC JAPAN2009で見た警告

9月1日、私はスーツを着て品川駅にいたことで、新人研修と称して名刺交換をせまられたことを書きました。
記事:品川駅で名刺交換を迫られた

私の記事の趣旨としては、新人研修にしては人混みの真っ只中で、スーツ姿の人に片っ端から声をかけるのは、度胸をつけるにはいいのかもしれませんが、新人だけ一人ぼっちにさせるのは、よろしくないのでは?という趣旨で書かせてもらいました。

ところがいろいろ検索したところ、どうもREEDアルファという会社は新人研修として名刺交換をしてから、怪しげな不動産などを売りつけているみたいでした。

なんでこのようなことを書いたのかといいますと、今日私はCEATEC JAPAN2009を見学しに幕張メッセに行きました。

名刺交換 001.jpg

入場手続きをしてから見学しに行きましたが、下記のような張り紙が会場入り口に張られていたのです。

名刺交換 002.JPG

企業関連の展示会で、このようなことが苦情として多く寄せられているのでしょう。

このような状況は、REEDアルファとしてもよろしくない状況だと思います。

自社の商品に自信があるのなら、怪しげな売り方は止めた方がいいと思います。
posted by 風来坊や at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129917723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。