2009年09月12日

国会議員は自己破産しても務まるのですね

iza!から驚くニュースを引用します。

元記事は、民主新人が破産手続き 比例近畿の渡辺義彦氏です。

引用します。
>衆院選で民主党の比例近畿ブロックから立候補し、初当選した渡辺義彦氏(53)の破産手続きが進められていることが12日、分かった。
>渡辺氏は取材に「立候補は突然のことでもあり、それ自体問題ないだろうと思った。現時点で辞職する考えはない」と話している。
>債務の大半は、他人の借金の保証人として肩代わりしたものだとしている。

破産するといわゆる士業って呼ばれる職種はできないと私は聞いていますが、代議士の先生は例外のようですね。

これなら私も、どさくさに紛れて立候補すればよかったと思います。

前の参議院選挙で当選したぶって姫って呼ばれた方がいますが、今度は破産ですか。

マスコミは、風俗ライターやヌードになったほうがネタとして面白いからそちらを紹介するでしょうが、私はこの問題のほうが大きいと思います。

渡辺氏は会見を開き辞職は否定しましたが、このままでは自発的に辞めたほうがよろしいかと思います。
参考記事:破産手続きの民主・渡辺氏が会見 辞職は否定

今後、渡辺氏がどのような後始末をつけるか、楽しみです。
posted by 風来坊や at 21:20| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127895228

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。