2009年05月31日

村上春樹さんにとっつきづらい先入観を持ってしまった、大学の講義の思い出

私は以前、大学の講義で文学論を学んだのですが、このときに村上春樹さんの世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランドを題材に教授が講義をしていました。


世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1988/10
  • メディア: 文庫





世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉 (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1988/10
  • メディア: 文庫




しかし、この教授の言ってる事がよくわからなかったというのもありますが、全くこの本のことがわからないまま講義を聞いていました。


ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

ノルウェイの森 上 (講談社文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/09/15
  • メディア: 文庫





ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

ノルウェイの森 下 (講談社文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2004/09/15
  • メディア: 文庫




私はノルウェイの森が大ヒットしたころに、この教授の講義を受けていたので楽しみにしていたのですが、この講義のせいでものすごくとっつきづらい作品を書く小説家というイメージを持ってしまいました。




1Q84(1)

1Q84(1)

  • 作者: 村上春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: 単行本





1Q84(2)

1Q84(2)

  • 作者: 村上春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/05/29
  • メディア: 単行本




それから15年たってから、村上春樹さんの「海辺のカフカ」って小説を買いました。


海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/02/28
  • メディア: 文庫





海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

海辺のカフカ (下) (新潮文庫)

  • 作者: 村上 春樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/02/28
  • メディア: 文庫




これは会社の人に触発されて読んだのがきっかけですが、以前とは違って理解はできるようになりました。

義務的に読んだ訳ではなかったからでしょうね。

舞台になった香川に行ってみたくなった作品ではありました。
posted by 風来坊や at 19:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120566812

この記事へのトラックバック

村上春樹 Wiki
Excerpt: 村上春樹と一九八〇年代商品価格:2,625円レビュー平均:0.0 4674 村上春樹のこと村上春樹の新刊「1Q84」の話はひとまずお休み詳しい人たちが専門的に書きはじめたし餅は餅屋と言うしね僕の方はつ..
Weblog: ☆youtube最新動画ニュース
Tracked: 2009-06-01 00:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。