2009年05月24日

任天堂はアフターサービスが素晴らしいそうだ!

iza!からの引用です。

元記事は、DSの噂 任天堂の“神対応”は本当かです。

>100年に1度という不況の時代に2790億円の最高益をたたき出した任天堂。
>その好業績の背景として、同社製品の人気もさることながら、修理対応が「神様のようだ」と話題になっている。
>携帯型「ニンテンドーDS」が故障すると「保証期間を過ぎていても無料で新品交換してくれる」といううわさがゲームファンの間で流れているのだ。

私の家には、ニンテンドーDS Liteのアイスブルーがあります。


ニンテンドーDS Lite アイスブルー

ニンテンドーDS Lite アイスブルー

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game




我が家では脳を鍛えるDSトレーニングとテトリスがあるのですが、最近やりすぎまして、すっかり壊れてしまいました。








テトリスDS

テトリスDS

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game




>実は記者が4年前に購入したDSもつい最近、電源がまったく入らなくなる症状に見舞われた。
>これは“神対応”を確かめる好機と、症状を書いてSCへ発送。そのわずか5日後、SCから宅配便が届いた。
>中に入っていた修理明細票の通信欄には「本体を交換し、シリアルナンバーも変更させていただきました」との記載。
>うわさ通り、新品に交換されていた。

実はDSiを買いたいのですが、このようなうわさを聞いたら、修理に出してみたくなりましたね。


ニンテンドーDSi メタリックブルー

ニンテンドーDSi メタリックブルー

  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • メディア: Video Game




>任天堂広報室はこの“神対応”について「いろいろな事情を聴いて無料になることはあるにはあるが、非常にまれなケースのようです。基本的には有償で修理している」と語る。

私の家のものはどうかわかりませんが、直せば買うよりも安いなら、試してみたいですね。

最近まで、ファミコンの修理にも対応していたと聞いています。

アフターサービスを大事にする伝統を任天堂には守ってもらいたいですね。

それと同時にこの伝統を守るために、嫌がらせのようなことをユーザーがやるのは慎んでもらいたいですね。
posted by 風来坊や at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/120102450

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。