2009年10月20日

赤字国債発行が50億円を超える見通し

やはりというかついにというか、赤字国債に頼りますか。

景気対策に使うつもりでしょうが、赤字国債よりはマニフェスト断念って選択もありのような気がします。



こうなったら、老人にいい顔する必要もないと思います。

子供手当てだって、今いる老人たちの年金を払わせるために、子供を埋めよ増やせよってやるわけでしょう?

だったら、今いる老人に負担を強いるほうが、ましだと思います。

例えば年金改革をして、賦課方式をやめてもいいのではないでしょうか。
posted by 風来坊や at 21:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | デトックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。